はじめての患者様へ

BEGINNER

「はやしハリきゅう整骨院」
安心宣言

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、下記の習慣化に取り組んでいます。

感染させない・感染しない
スタッフのマスク着用やこまめな手洗い・消毒を徹底しています。
スタッフの検温
スタッフは検温を行い、体調管理を徹底しています。
こまめな換気
しっかりと院内の換気を行っています。
アルコール消毒の徹底
ベッド、枕、タオル、各種器具類、ドアノブなどの消毒・洗浄を徹底しています。
お客様へのお願い
お客様にも院内でのマスク着用、手指の消毒をお願いしています。

当院は独自のはやし式骨ぴか矯正で
早期の回復と痛みの出にくいカラダづくりを目指します。

当院では「痛み」は必ず治ると考えています。
痛みの原因はカラダのユガミ・ネジレによるものが多く、
その原因を根本的に改善する施術を行っています。
さまざまな痛みでお悩みの方は是非ご来院ください。

GREETING ごあいさつ

名誉院長よりご挨拶

この度、“はやしハリきゅう整骨院”のホームページへお越し頂きありがとうございます。
名誉院長の林 紀博(はやし のりひろ)です。
当院は、1978年に開業致しました。以来数多くの方々にご利用されて参りましたことに感謝いたします。スタッフ一同、明るく元気にお客様をお迎えすることをモットーに心のこもった質の高い施術を心がけています。
開業37年目であり、培ってきた巧みな技術を皆様に提供し続けていきたいと思っています。
また「高齢者の筋力向上トレーニング」などの介護予防や生活習慣病予防にも積極的に取り組んでいます。

名誉院長 林 紀博(はやし のりひろ)

総院長よりご挨拶

総院長の林 恒博(はやし つねひろ)です。
私は2010年に大阪で約3年間修業をし、そこで習得した矯正を基に研究を重ね、オリジナルの矯正法「はやし式骨ぴか矯正」をつくりました。即効性も強く今まで回復しないと諦めていた症状の方が短期間で回復することは珍しくはありません。
カラダは左右均等なバランスの上に成り立っています。例えば、真っ直ぐ立っているところから右重心で立ち続けてみてください。もちろん右側だけ疲れてきますよね。カラダは左右均等に使うことがカラダの負担を減らすために一番大切なことになります。それが癖などにより知らぬ間に小さな傾きを取り続け、それによって小さな負担が積み重なり限界を超えたときに症状が感じられるようになります。その時に筋肉・関節・血管・神経にまで負担をかけてしまうと、痛みやシビレを引き起こします。
ユガミのあるカラダを根本的に正しく位置づけることにより、無駄な負担がかからなくなることにより自然治癒力が最大限に発揮できるようになります。
そこで根本的に正しく位置づけることができる治療法が「はやし式骨ぴか矯正」です。
正確且つダイナミックにしっかり位置づけていきます。子供から高齢者まで受けることが可能です。
症状の改善でお悩みの方は、是非一度「はやし式骨ぴか矯正」を受けてみてください。
お気軽にご相談ください。

総院長 林 恒博はやし つねひろ

本院 院長よりご挨拶

はやしハリきゅう整骨院 本院 院長の郷(ごう)です。
私は高校を卒業した後はスポーツトレーナーを目指す専門学校に入学し、勉強をしながら中高生にトレーニング指導のサポートをしていました。
専門学校を卒業した後はスポーツクラブに勤務し、そこではオーバーユースで調子が落ちている方もいました。
その後、身体の不調を訴えている方を良くしたいという思いから、柔道整復師を目指し、入社後は「はやし式骨ぴか矯正」を中心に様々な手技や物理療法を用い、沢山の患者様を施術し、自信をつけ本院の院長を任せていただくまでになりました。
本院は名誉院長が開業し、45年以上の歴史があります。
その積み上げてきた歴史に恥じないよう、これからも身体の不調を訴えている患者様が喜んで頂けるよう施術していきます。

はやしハリきゅう整骨院 本院 院長 郷 健太郎ごう けんたろう

セリオ大曲院 院長よりご挨拶

はやしハリきゅう整骨院セリオ大曲院院長の梯(かけはし)です。
私は高校生の時にサッカーのプレー中に自身が痛みに悩まされた経験があり、引退してから自分の手で悩みを解決したいと思っていたことが柔道整復師になったきっかけです。
入社してからはスポーツ以外にも様々なきっかけで痛められている方を知り、より強い使命感を感じながら施術をさせて頂いております。江別市外の院として初の開院となり、更にワクワクしています。
本院では北広島市近郊から多くの患者様がご来院されています。院長になり自分の力で地域の方々に貢献したいと代表に熱く話をし、この度、北広島市大曲にセリオ大曲院の院長として一任してもらうことが叶いました。代表が開発したオリジナルの矯正法「はやし式骨ぴか矯正」や「はやし式筋ぴか矯正」をできるだけ多くの方に受けていただきたく思っております。
どこに行っても変わらない症状や諦めかけていた症状などございましたら「はやしハリきゅう整骨院」に是非一度ご来院ください。
思いを乗せて常に全力をもって皆様のサポートをさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

はやしハリきゅう整骨院セリオ大曲院 院長 梯 秀輔かけはし しゅうすけ

はやしハリきゅう整骨院
8つの理念

1志事を通して人に愛と感謝の想いを伝える

2ForYou精神で関わる全ての人に幸せを与える

3「笑顔・頷き・褒める」+「返事・挨拶」の五原則を徹底する

4常にスキルアップを志し、ハイクオリティな施術を目指す

5当たり前な事を当たり前に行う

6夢や目標を見失うことなく幸動する

7仲間を信頼し、尊敬する

8家族を大切にする

こんな症状の方はご相談ください。

首・肩・腕・背中の痛み

首のこり

五十肩

関節痛

寝違え

肩こり

背中のはり

腕のだるさ

肘痛腱鞘炎

足と腰の痛み

腰痛

膝関節症

ギックリ腰

足のむくみ

膝の痛み

こむら返り

足のしびれ

足の疲れ外

反母趾

打撲

捻挫

目と頭、顔の疲れ

頭痛

偏頭痛

耳鳴り

疲れ目

目の充血

鼻水

仮性近視

蓄膿症

咽頭炎

肌荒れ

扁桃炎

歯痛

歯のうき

湿疹

顔のむくみ

にきび

かぶれ

内臓の疲れ

胃のもたれ

食欲不振

胃酸過多症

高血圧症

低血圧症

二日酔い

下痢

吐き気

乗り物酔い

口内炎

便秘

じんましん

膀胱炎

気管支炎

アレルギー症

婦人科型の症状

生理痛

冷え性

つわり

貧血

不感症

月経困難

更年期障害

心の疲れ

イライラ

めまい

不眠

動悸

ノイローゼ

神経症

保険適用傷病の種類
整骨治療

ねんざ、うちみ、すじ違い、寝違え、ぎっくり腰、肉離れ、スポーツによるケガ、 骨折・脱臼後の機能回復など
※骨折・脱臼後の機能回復については医師の同意が必要です。

BECAUSE 元トップアスリートだからこそわかることがある!

当院総院長は中学から男子新体操を始めて、トップアスリートとして高校・大学・大学院と全て男子新体操のために進学しました。
高校では全道大会で優勝・準優勝、国民スポーツ大会(旧国民体育大会)で種目別2位、大学では全日本新体操選手権大会優勝三連覇、大学院では全日本選手権大会4位という成績でした。

私自身の経験上、フィジカル面では小さな怪我から命の危険がある大きな怪我まであらゆることを経験、メンタル面では大舞台を経験し、勝つため・連覇を死守するための考え方やスランプからの脱出方法を見出しました。
大学で三連覇の達成に必要な考え方、その一方で大学院では4位という結果から優勝には何が必要だったのかも明確になりました。
怪我というものは、スポーツを行っている以上必ずと言っていいほど向き合っていかなくてはいけません。
スポーツをしている方で、怪我を全くしたことがないという人は逆に珍しいのではないでしょうか?
その怪我によってそのスポーツを諦めなければならないこともあります。
そうならないようにどのように対処すべきなのか。
怪我が起きにくい身体・怪我が回復しやすい身体に整えることは可能です。
スポーツでの怪我への考え方は、「しない・したくない」このように考えることは決して間違いではありません。誰でもそうだと思います。
しかし、これだと意外と大きな怪我をしてしまったり、怪我を我慢してしまって治りにくくなってしまうことが多いです。
例えば、車を運転しているとします。
免許を持っている方の殆どが毎日車を運転していると思います。
その時に事故を「起こしたくない・起こされたくない」とは思いますよね。しかし、車を運転するときに毎回そう思って運転する人は本当にどれぐらいいるのでしょうか?
人は日常的に習慣化されてしまうと、理解しているつもりでも行動と思考が伴わず結果的に事故につながります。
もちろん、安全運転している側も事故が発生すれば、それは事故を起こされてしまったことになりますし、自ら単独で事故を起こしてしまう場合もあります。
知識不足によりその後の問題が大きくなってしまったりもします。

スポーツをしている方も実はこれと同じ現象が起きます。

考え方としては、スポーツは怪我をしてしまうものだ!と常に意識する必要があります。
次に、怪我をしないためにフィジカル・メンタルをどのようにすればいいのか!と考え方を一歩前に進めます。
そして、その答えと行動を伴わせていくことが重要です。しかし、「怪我をしないためにフィジカル・メンタルをどのようにすればいいのか!」というのはなんとなく理解できても運動学的・生理学的に正しく何をしていいのかはあまり容易ではないですよね。
それは私たちがしっかりサポートすることができます。

総院長の考え方は普段のケアも怪我の治療も練習の一部だと考えています。
自らの経験を通して、スポーツをしている方へのフィジカル面やメンタル面を総合的にサポートしています。
怪我へのサポートにおいては、アマチュアアスリートからプロアスリートまで様々な方がケアで使用している施術機器をご用意しています。
テーピングもギプス固定も必要に応じて行います。
是非一度、施術を受けてみてください。

・青春時代をスポーツに投資している子供たちの夢
・目標を達成したいアスリートの夢
・スポーツを応援している保護者の夢

これらを叶えるべく私たちは全力でサポートさせていただいております。

Copyright (C) はやし健康グループ All Rights Reserved.